好き避け男子の本音

好きな女性にどんな話しをすれば喜んでもらえるのか気の利いた話題を選びすぎてしまい、なにも話せなる最悪の状態をまねく男性も多いようです。

 

特別、意識しない女性とは普通に話しができるのに、あなたの前になると、なぜかしどろもどろになってしまう男性は、あなたに好意をもってる証拠です。期待しましょう。

 

男性の本音を聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

まともに話すことができない。

 

楽しいことや気の利いたことを言おうと思うと何も話しが出てこなくて黙ってしまうことがよくあります。ごく普通の世間話しさえできません。

 

こんなことを言ったら彼女はどう思うのかなどと考えてしまい、まともに会話ができなくなってしまいます。

 

気に入ってもらおうと話す内容を選びすぎて会話が続かなくなってしまいます。

 

素っ気ない態度を取ってしまう。

 

スポンサーリンク

 

恥ずかしくて、しかも、それが気づかれるのが嫌で素っ気ない態度をとってしまいます。

 

あいさつされると、とてもうれしくて、それだけで頭がいっぱいになり返事さえ出来ないことがあります。

 

話しかけられても普通に会話ができなくて、つい語気が強くなってしまいます。

 

目を見られない。

 

恥ずかしくて女性の目を見て話せません。いつも目線をはずして話してるので気がないと誤解されてると思います。

 

好きになればなるほど目が合わせられなくなります。

 

普通だったら人と話しをするときは目があいますが、このように好きな女性の前では恥ずかしくて目を合わせることができなかったり、自信のない行動を取るために挙動不審に思われたりと、かなり損をしている男性も多いようです。

 

好きなってしまった女性の前で思わず出てしまう「好き避け」行動。好きな相手の前で素直な行動がとれないのは男性に限ったことではありませんが、ある意味では可愛くて好感のもてる行動といえます。

 

でも、「好き避け」行動もあまりにも避けられると本当に嫌われてるのかも・・・と誤解をされてしまいます。男性でも女性でも、好きな相手が見つかったら勇気をだして一歩前へすすんでみましょう。

 

スポンサーリンク

 

TOPへ