好き避けをやめる方法

好きな人がいても告白することができず、それどころか好きな人と目が合うと、まったく気が無い素振りをしてしまい後悔ばかりしている人が、この世界にどれほどたくさんいるか知ってますか?

 

 

とても、もったい話だと思いませんか?

 

 

日本人は表現する力(ちから)が下手なので、ステキな出会を逃がしてしまいます。
素直になれず、声をかけることもできないまま、終わってしまう2人がどれだけいるでしょう。

 

 

もっと積極的になって、ステキな出会いを物にしてみませんか?

 

 

好き避けをやめる方法

 

スポンサーリンク

 

好き避けをしてしまう人におおいのが「恥ずかしい」「素直じゃない」「フラれたら生きていけない」「他人の目が気になる」

 

 

それと。、好き避けをしてしまう人の特徴として、本人も気づいていないこととして
「ひとり占めしたい」「ヤキモチ」などがあるようです。

 

 

好き避けをしてしまう、あなた、心当たりはありませんか?

 

 

好きな相手に好き避けをしていると、好き避けをされている相手は、当然ですが、あなたの心の中を知ることができません。

 

 

自分を見ている。でも何も言ってこない。なんとなく怒ってるような顔に見えるし、でも心当たりはないし、どうなってるんだろうか?

 

 

と、好き避けをしているあなたに対して、何か得たいのしれない、薄気味悪い存在だと思われているかもしれません。

 

 

そんな誤解をとくためにも、いますぐ好き避けをやめましょう。方法はいたって簡単です。

 

 

それは、好きな相手をあなたが意識しなければいいのです。

 

 

思い切って、あなたはあなた自身から離れて別人を演じてみることです。

 

 

とつぜん「自身から離れて別人を演じる」と言われても戸惑いますよね。

 

 

ほんの1、2分でいいので俳優になったつもりで、あなたが好き避けをしている相手に、あいさつでもなんでもいいので声をかけてみてください。

 

 

そこで、相手の反応を見てください。

 

 

人は自分でもわからない、目に見えない力があります。自分に好意を持っている、または少なくても敵意はない。くらいの相手の気持ちを知る能力は誰でもあります。

 

 

世間でいうところいの「第六感」というやつです。

 

スポンサーリンク

 

勇気を出して、声をかけてみて、少なくても敵意がないと思ったら、次は好き避けをしてしまってる相手をほめます。

 

 

「笑顔がいいね」「笑顔がステキ」「笑顔がかわいい」「笑い声がかわいい」「話し方がかわいい」

 

 

持ち物や服装をほめるのではなく、笑顔や声をほめるのがポイントです。

 

 

持ち物や服装をほめると、「いつも見てるよ」をアピールしてしまい、いっぽ間違えればストーカーと勘違いされてしまいます。

 

 

笑顔などを褒められて悪い気になる人はいません。

 

 

ここから、相手との距離を縮めていければ、好き避けだけで終わってしまうかもしれない恋いをみのらせることができます。

 

 

好き避けを辞める方法はちょっした勇気が必要かもしれませんが、そのちょっとした勇気を出せるか出せないかで、あなたの未来が変わるとしたら、いますぐに行動をおこして好き避けを辞めませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

TOPへ