好き避け。男性も女性も同じ特徴と行動。

好き避け。わかってるけど素直になれない、自分。好きな異性から「避けられてる?」と落ち込んでる自分。

 

こんな経験は誰だってあります。

 

私が”好き避け”に気づいたのは中学生のとき。「ん!?この態度は何?好きなのに避けてしまう。わざと嫌われる事を言ってしまう。どうして?エ〜」

 

こんな”好き避け”が大人になった「今」でもあります。

 

”好き避け”は男性、女性に関係なく永遠のテーマです。子どもから大人まで、学校や職場、地球から宇宙まで・・・。かなり大げさでした。

 

スポンサーリンク

 

このサイトでは男性も女性も、同じように好きな異性に「好き避け」をしてしまう心理と行動それに特徴を調べてみました。ぜひ!参考にしてください。

 

「好き避け」とひと言でいっても特徴や行動はいろいろあります。
恋愛経験が少ないとか異性になれていない、というのが大きな理由のようです。

 

「イヤイヤ、性格的なこともあるでしょう」とツッコミが入りそうですが、ハイ!少しはあるようです。

 

やはり今まで、あなたが経験した異性に対する間違った思い込みや異性との付き合いの経験で「好き避け」の度合い、つまり、どれだけ異性に対して素直になれるかが変わってきます。

 

たとえば、こんな経験ありませんか?

 

好きな相手が近づくと、つい逃げるように離れていってしまう。話しをするときに目を合わせない。気が無いフリをしてしまう。ひどいときには相手が嫌いなことを言ってしまう。

 

ここまでくると重症ですね。

 

自分が相手を思ってる気持ちとは逆の態度をとってしまう。ん〜つらい!!
こんな具合だから恋愛のチャンスを逃してしまい、いつも後悔ばかりの人生を送ってきた私です。

 

すみません。自分のことが出ちゃいました。

 

このような行動は男性も女性も同じような特徴があります。

 

自分を表現するのが下手で人付き合いも苦手な人。子どものころに、甘やかされて育てられた。兄弟姉妹の末っ子だった。学校では、目立たない存在だった。このような人が好き避けをしてしまうようです。

 

では、好き避けをされる側の人はどうすればいいのでしょうか?

 

好き避けをされてるのか本当に嫌われているのかの判断は難しいかもしれません。
一般的には、ごく普通に話しをするのが無難な方法です。

 

具体的な方法はほかのページで紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

TOPへ